スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリアリクイクイアリクイクイ 

20081011013345
愛すべき友人がくれた…

アリクイのピンバッチ。

うきゃーうれしいー

一週間前に一目惚れした時、欲しいって10回くらいつぶやいておいて本当よかった!

かわいいかわいいかわいいよアリクイ!!!

売り切れてなくてよかった。

黒いジャケットの襟に付けて、カラフルなマフラー巻くんだー。

すばらしい、アリクイ!ぬおー
スポンサーサイト

ワンピとコオロギと斉藤 

20081009172115
知人に映画を一人で見に行ったという話をしたら、

「なんで一人で見に行ったの?」

と何の裏もない感じで聞かれて衝撃を受けたこにしです。

「あ?」

と思ったが初めて会った人でしかも合コンという名目の集まりでしかも幹事だったので

「えーと、見たかったからかな?」

という何の面白みもない答しか出来なかったことを今でも悔やんでます。

大学で同人誌・やおい・BLという言葉が通じなかったとき以来の衝撃であった。

今日はらくちんワンピースをバッと着て家を出ました。(写真参照)

秋っぽくてうっきうき★

な感じでふんふんバスに乗り、電車に乗り、池袋に着いて歩いている途中で 鏡に写った自分の姿を見て違和感。

んー?と思って自分の服に目を落としたら、

裏やんけーー

タグ出てる。洗濯方法をアピールしてる。

縫い目出てる。

なんか色薄い。

そして私は走った。

一目散でPARCOのトイレへ。

あーー。前もこんなことあったなー。

ショックすぎて欲しかったマフラーを買ってしまう始末ですよ。いひひ。

昨日は携帯が壊れ、今日はワンピースが裏。がんばれわたし!
コオロギ達のように。彼等は最近本当元気よね。

あー、小学校のころ、さつまいも掘りに行ったときに、某斉藤(男子)がコオロギを殺して遊んでいるのを見てマジ切れしたことを思い出した。斉藤元気かなー

ラスト・コーション 

見た。IN早稲田松竹。

今まで何度かAV等でセックスシーンは見た経験があるけど、

とにかくこの映画のセックスシーンは凄まじくエロチックだった。

諦めや怒りや焦りや背信感や寂しさややるせなさがあるからこその、このエロチックだなと。

映画として好きかと聞かれればそうでもないのだが、そのシーンの印象とそこから感じられるものが強すぎて忘れられない映画になるだろう感じ。

てなわけで、エログロみたいのとか、人間の業的なのとか、好きな人にはおすすめかも知れない。

エロや官能に関しては、村上春樹とか小川洋子の表現結構好き。両者全然違うけど!

でも今まで一番心を掴まれたのは、宮崎駿の、

「走る少年を書くときにですね、足の裏にくい込む石の痛さとか、まとわりつく服の裾とか、そういうものを感じながら、走るっていうことを何とか表現したいって机にかじりつくのが、僕らにとっての官能性です」(虫眼とアニ眼・P117)

という言葉。

何がどのように私の考えにリンクしたっていうのをうまく言えないけど、たぶん何か私の中に共鳴するものがあって、視界が開けたような気がした。本当に、たしかに、それはすごく官能的だよ。

そして巨匠は本当に半端ねぇなと。

ああラストコーションで火がついてしまった。

それではみなさんおやすみなさい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。