スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし 

20080712191620
暑い。
ここまで暑いと逆に気持ちよいわ。

こんな日は好きなことしかしない。いつもだけど。

おいしいカフェオレとお気に入りの夏鞄と大好きな本と。そして映画。

奥にある鞄は見た目の水平さんぽい感じが大好きだけど、肩に掛けられないからちょっと面倒。
でもまぁそれもまたよし。

そして手前にある本。
「屍鬼」というホラー?なのかな。
暑いので怖い本を読もうという作戦。

これは、結構な厚さで五巻まであるのだけど、凄く好き。五巻を買うのが怖すぎて途中で読むのが一年くらい止まったくらい怖いけど。

屍鬼というのは、文字通り、死者が起きあがってくる「起き上がり」のこと。蘇るのではなく、起き上がる。

これだけでもこぇーじゃねーかっ!

しかしこれだけならたんなる稲川淳二的怖い話だけど、もっと、人間に迫った本。

善とか悪とか、紙一重!と言いますかなんと言いますか。

人間はろくでもないけど捨てたもんじゃない。というか。

このみにくくも素晴らしい世界。(BYミスチル)といいますか。

まぁそんな感じです。そういうどろりな感じが好きな人にはおすすめです。一巻は説明が多いから頑張るしかないです。二巻からはまさにジェットコースターです。たぶん

映画観てきます
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nodocalm1012.blog43.fc2.com/tb.php/14-85b6d3d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。