スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラコン 

京都に行ってきた。

母が京都出身のため、年に数回は京都に帰る。
私も京都大好き。

しかし、親類の家に泊まるため、遊びに連れて行ってくれるのも当然親類。
親類は京都住まいなため、いつも遊びに行くのは県外で、京都には全く詳しくない…。

京都に行くのの何が楽しいかって、いとこの兄ちゃんに会えるからだー!!

私はひとりっこなので、小さいときからわりといとこの兄ちゃんが好きだったのだが、
いかんせん人見知りだし、高校から大学のあたりはあまり京都に行ってなかったのでなりを潜めていたのですが。

2人兄ちゃんがいるけれど、弟のほうがツボである。

ぼーっとしており、叔父叔母(兄ちゃんの親)にも

「あいつは何を考えてるのかよう分からん」

と言われている兄ちゃん。

自分からは殆どしゃべらないけど、関西テレビでお笑いを見ているときはよく笑う兄ちゃん。

大好きな友人何人かのためには愛を惜しまない兄ちゃん。

それ以外はとってもどうでもよいと思っている兄ちゃん。

上の兄ちゃんの彼女とうまく絡めず、あきらめきっている兄ちゃん。

私がその彼女に果敢に話しかけたけどうまく話せなくて玉砕しているのを見てニヤニヤしている兄ちゃん。

2人で話していると似ている部分が多く、色々説明する必要がないので大変に楽。

こんなに楽な相手はなかなかいないぞ!!
他人とは違った感覚なんだよな、たぶんやっぱり。


我々は少々小西家の中では「あの2人はほんとに…」というようにくくられているぼんやり組なので、

2人でぼんやり祭りに行き、くだらない話をしながら獅子舞に茶々を入れたり太鼓を演奏しているおっちゃんたちの軽快さに爆笑していたりするのが最もまわりに迷惑をかけずに楽しむ良い方法といえましょう。

そうして周りからもっとあいつらは良く分からないと言われる我々であった。


そんなこんなで、今回の帰省も大変楽しかったです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nodocalm1012.blog43.fc2.com/tb.php/29-491ff2f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。