スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさしぶりです 

新聞記者、という仕事をしている。
仕事というのは、それでお金を稼ぎ、生活しているということ。

私にとって、今の仕事はとても楽しい。
いろんな人に会い、話しを聞くことは刺激的だ。
それは私の力ではなく、「●●新聞」という後ろ盾があるからだ。
毎日誰かの話を聞き、記事を書き、時にそれが元で、誰かのちょっとした生活が変わったりもする。
これでお金がもらえるなんて、悪いなぁと思うくらい。

しかし、それが、わたしにとって、何なのだろう。

私の好きなこと。
感動すること。

私の感動すること。
寝っ転がって空を見ること。
電車やバスなどの公共交通機関に乗ること。
自由に動き回ること。
適当に挑戦すること。

全ては自分の思いのままに。

ヤクルト 

20090313133558
チュニジア旅行記が遅々として進まないなか、今日はヤクルトについてー!


私は幼少の頃からヤクルト的乳製品が大好きであり、貧乏だったのでヤクルトはあまり買ってもらえず、同じような製品であるローリーエースと言うものを愛飲して来ました。

そのころからヤクルトへの憧れはつのり、大人になった今もヤクルトには一目置いているのです。


前フリが長くなりましたが、今日でバイトを退職するのですが、その事務所には毎週ヤクルトのおばちゃんが来るのです。

その対応は私の仕事。

ヤクルトに一目置いている私は、おばちゃんにも一目置いていました。

元気だし、こんな若造にもいつも丁寧だし、ヤクルトだし。

そして毎週来たときには少しずつ世間話をしていたのです。

と言っても2、3言だけど。

そして先週、今週が最後だとチラッと話したのです。

そしたら、そしたらですよ!!

なんとヤクルトの詰め合わせを餞別に持ってきてくださったのです。

名前も知らない、世間話を少ししただけの、ただの学生秘書の女の子に。

あー、なんて素晴らしいんだらう。

ヤクルトに一目置いてきたけれど、それは間違っていなかったなと確信したのでした。

ヤクルトも、ヤクルトレディも、本当にすごい。これからも、日本の腸の健康をよろしくお願いします。

祝・今日の名言 

2009021515010000.jpg
河津桜を見てまいりました。

いやー、いいですね、桜。

屋台も沢山出ていて、サザエ焼きとかもりもり食べてしまった。
屋台って無条件にテンションが上がるよなぁ。
日本人だー!!

バスツアーで行ったのだけれど、楽チンだった。
私は今年から本格的になってきた花粉症により、
頭がボーっとしていたため、移動時間はほぼ眠っていたが、それもまたよし。
起きたら次の場所に着いているって、夢だよなー

サークル時代の同期女2、男1で行ったのだけど、
女子2人で話し合った結果、

「男は顔じゃない」

ということになった。
ほんとね、顔がよけりゃいいって時代は完璧に終わった!!

そうよね!!あなたもそう思っていたの!?やっぱそうだよね!!

と、バスの中で盛り上がり、イチゴ狩りをしているときに、男子1人が

「彼女ができない。もてない。イケメンになりたい。」

と悩んでいるので、男は顔じゃないんだと励まそうと、
私は彼の肩をポンとたたきながらこう言いましたよ。

「男じゃない」

ってね!!!

あはは!!

完璧に間違えた。

「男は顔じゃない」略して「男じゃない」

色々略してはいけないところを略してしまったYO!!

3人で大笑いして、

「今日の名言」に認定されました。

あーおもしろかった。

過去に名言に認定された言葉としては、

牧場に行って牛を見ているときに言った、

「やっぱ馬面だねー」

や、

発声練習中の

「好きなものはチャーハン」

等があります。

あほらしすぎて、毎日が楽しすぎて、花粉症である事実を差っぴいても、しあわせだー

人生 

20090208122920
そう、人生で大切なのは、

ドキドキ及びワクワク

だよなーと最近。

いろんなこと気にするより、結局ドキドキワクワクする方が楽しいなりね。

同じアホならおどらにゃ損々!

その方がごきげんでいられるし。




と思って生きていたら、

最近人に2日に1回くらいのペースで

「デリカシーがない」

と言われているので、新しい生き方を現在模索中。


しかし、このお気楽な考えは動物占いのコアラ「快楽主義」にもとづくものではないか。

自分に都合のよい性格診断は全部信じることにしているので、私がデリカシーがないのは動物占い的にも仕方ないことだということで!

つまり、頑張るけど被害にあったらすみません。でもコアラのせいだから大目に見てください。

チュニジアへGO!<印象に残ったことしか書かないチュニジア紀行①> 

チュニジアへ行ったのは、大学の卒業旅行。つまり2年前。

まず、チュニジアへGOーーーー!!!

GetAttachment1.jpg

まだまだ元気なこにし(右)in 羽田空港

いえーい!いってきまんもす!!

って、遠い。チュニジアめっちゃ遠い。
まずそれがすごく印象に残っている。

大阪からの国際便だったので、
まず羽田に集合→関西国際空港→ドバイ→チュニジア
という行程。

いやー、いやいやいやいや。

遠い。

待ち時間も半端ない。ドバイでは飛行機が遅れてたしか4時間くらい待った気がする。

羽田→関空が1時間くらい、
関空→ドバイが12時間くらい、
ドバイ→チュニジアが7時間くらい、
それらを足すと、えーと、この時点で20時間。
待ち時間を入れると、24時間越えか。今始めてちゃんと計算して驚いた。

そして、24時間以上かけてチュニジアに着くと、

そこは、

朝。

IMGP0592.jpg


ええ、ええ。朝です。

朝ということは、観光開始であります。
この写真は、なんかの遺跡ですね。(遺跡に興味がないので覚えてない)

ぐぅ、朝日がまぶしすぎるよう…

こちとらもうすでに家を出てから軽く30時間は経ってんだ!!

ちくしょー!!

髪の毛もかっぴかぴだぜ!

IMGP0596.jpg

またもや何かの遺跡。髪の毛のかぴかぴ具合を帽子でごまかしております。

と思いつつも、初アフリカ大陸上陸に心は踊りまくるこにしでありました。
一緒に行った友人カトンボとアイコンと、ダース・ベイダーの物まねに興じたりしていた。

とても気楽。

しかし、これから日本とは違った、様々なものとの攻防が始まるのであった。


続く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。